残しておきたいこと

思考の糧にしたい備忘録

やなせたかしさん

4月13日付の読売新聞編集手帳やなせたかしさんの記事があった。34歳に脱サラして「アンパンマン」で漫画の席ができたのは60歳。

 

絶望の隣に
誰かがそっと腰かけた
絶望は
となりのひとにきいた
あなたはいったいだれですか
となりのひとはほほえんだ
私の名前は希望です

 

という詩を残している。35歳で学習塾を開業して1年、今のところ運良く希望だ。しかし、背中合わせに絶望が座っていることを忘れてはならない。「背筋を正してやりなさい。」今日も子供たちに言いながら、自分にも言い聞かる。